脂肪吸引 年齢

MENU

脂肪吸引を行う事が出来ない疾患や年齢制限などについて

リバウンドを防ぎ、対象部分にも効果的な脂肪吸引ですが、実は誰で受けられるわけではありません。
脂肪吸引を受けることができない疾病、年齢がありますので、脂肪吸引を希望する方は該当しないか確認しましょう。

 

では脂肪吸引ができない人はどのような方か?それは貧血症状を持っている人です。
脂肪吸引も手術ですから、術前検査を行い、このとき血液検査で貧血と診断されると脂肪吸引を受けることはできません。
貧血の場合、手術により大量出血を引き起こす可能性があるためですが、現在は大量出血を伴うような手術は行われていませんので、軽度であれば施術を受けることはできます。
もし貧血なら、まず症状を改善し、体に負担がかからない状態で受けるようにしましょう。
それから免疫異常の方は術後の感染症リスクが高まるため脂肪吸引を受けることができません。
特に広い範囲で脂肪吸引を受けたい場合はリスクも高く、術前は生活習慣を規則的にし、免疫力をアップすることから始めなければなりません。
元々持病を持っている方、手術歴がある方は医師に相談してから施術可能かどうか判断されることになりますが、これは常用している薬がある方も同じです。
また授乳中の方や妊娠中の方も脂肪吸引を受けることはできませんので注意しましょう。

 

年齢で見てみると手術の負担が大きくなる高齢者は合併症リスクが上がるため脂肪吸引を受けることができません。
できる場合もあるのですが、高齢者は皮膚にハリ、弾力がないため、脂肪吸引をすることで更なるたるみが生じることもあります。
そのため脂肪吸引自体適当ではないことも、高齢者が脂肪吸引を受けることができない理由の一つです。

 

また成長途中にある18歳未満の方、特に女性は手術に適さず、成長期を終えてからの脂肪吸引が望ましいです。
他にも吸引する脂肪が少なすぎる人は皮膚に凹凸ができる原因となりますし、麻酔が合わない人も脂肪吸引には注意が必要ですから、まずカウンセリングのときに医師に相談してみましょう。